ミッシングワーカー

NHKスペシャルでミッシングワーカーの特集があった
昔でいう40代~50代の働きざかり
もっというと日本を支えているもっとも中心的な年代で


仕事をもたない人が100万人とも



これ驚くべき数字ですね
失業者70万人より多い
失業者にもカウントされていない数


失業者より多い40代、50代の

6人に1人がミッシングワーカー



ミッシングワーカーに陥った状況は様々ですが
転職で仕事を探したが年齢等問題で再就職できなかった
体を壊してから仕事が見つからない
NHKの番組で特に取り上げてたのが親の介護


40代、50代の親といえば70代、80代
ということは健康寿命は過ぎつつあるから何かしらの介護が必要になってくる
その要介護度があがると子供は仕事もままならない


仕事を辞めて親の介護
生活は親の年金で繋がるが
やがて親は亡くなるしかし


仕事を探すけどいい返事がなかったり
介護疲れで体が蝕まれてしますとか
10年社会から閉鎖さてていたので働く勇気がなくなった


なかなかミッシングワーカーから脱出できない現状


もう少し上の世代の介護は兄弟姉妹が5人とか8人だっから
分け合って世話を出来たけどミッシングワーカー世代は一人っ子も多い
全部自分で背負い込まなくてはならない


結構な介護費払ってるけどなんとかならないのか


消費税は25%ぐらいにあげないと
仕事や辞める必要ないくらいの介護受けれないの?



個人的にも重度の介護ではなかったけど
親がだんだん弱ってきて病院連れていくとか大変なことは増えますよね



NHKの方もミッシングワーカーをどうやったら解消されて
また社会に復帰していく道筋みたいな提案はなかった


このミッシングワーカーって自分もそうだし40、50代の同世代
わたしには関係ないと思っている若い世代も他人事ではないのでは?



今は若くてもいつかはおじさん、おばさんになる
結婚しても相手も自分も一人っ子なら2人で4人の介護が必要になるリスク


介護に至ってない40代、50代だってそっちは問題なかっても
会社が10年もたない場合もあるそうしたら再就職できなく
ミッシングワーカーになるリスクはゼロではない


上場企業でも潰れそうになる時代です


トランプが保護主義、貿易戦争仕掛けます


何が起こるかわからない


サラリーマンだって休日は家族サービスだとか趣味に勤しむのが
先に備えて勉強ってことでしょうか


ミッシングワーカーの仕事で考えるとアフィリエイトが相性がいいのではと思いました

ミッシングワーカーの一日は
親の介護だから家を離れられない
だから外での仕事はできない


だからネットでできるアフィリエイトなら
時間はいつでも空いたとき
雇われていないので介護で今日は何もできなくても誰も文句をいわない


アフィリエイトのいいところはマイペース
まさにミッシングワーカーのためのものって感じです


ただですねいいことばかりではありません
アフィリエイトといっても誰かが給料をくれない
商売と一緒なわけで自分の個のちからとなります


だからとんちんかんなことをやると
報酬を手にすることができません
仮にただちに報酬がなくても何もしていないよりマシだと思います


今はミッシングワーカーだけど以前は働いていたわけだから
その時の仕事のノウハウを持ってるかもしれないし
趣味があったらそれがアフィリにのるかもしれないし


だいいちミッシングワーカーで悲しいことも経験しているハズなので
それってネットとの相性は抜群かも聞きたい知りたい人っているはずなのです


ミッシングワーカーとアフィリエイト
40代、50代で仕事がみつからない、派遣で疲れるならアフィリエイト一考だと思います


アフィリエイトのもうひとついいところはお金がかからない


商売でいうと店をすると敷金とか備品とか人件費とか数百万~
数千万円かかります。それで成功するかもわかりません


でもアフィリエイトはパソコン、通信費、電気代ぐらいで始めれて
生涯資産を作ると考え直しても年に数万円で収まると思いますよ


とにかくほぼ無料でなんとかなる