アラフォークライシスが問題化しているようで
テレビで取り上げられいるけど対策はみえない
バブル後の氷河期就職のアラフォーは


他の世代より給料アップが少なかったり
正社員で働かれず派遣なので安定だとか
職場転換が多いので結婚も他の世代よりできないとか


”7040”問題も絡んできている
収入が少ないとか無職で親の年金で生活
その親も70歳を超えだして介護の背中が見える

その上が

”8050”問題
親が80代で子供が50代ってやつ
介護ど真ん中ですね


アラフォークライシスの理想は男も女の凄い
両者年収500万円が最低ラインとか
例えば女の方も自分より年下がいいとか


43歳の女の人が38歳の男性を結婚相談所でみつけるみたいな
ちょっと現実的には見えませんでした
アラフォークライシスだからなのか理想を追ってるのか


38歳の男性は恐らく43歳のおばさんを追ってるんじゃなくて
28歳ぐらいの女の人を探しているハズ
そこそこ収入があれば10歳差なんて男は可能性あり


43歳の女の人は現実な結婚相手は
55歳前後のおじさんではないでしょうか


年収に関しても女の人が500万円貰ってるなら
相手にも年収600万円以上を希望わかるんですけど
自分が年収200万円なら相手には300万円ぐらいが現実じゃないでしょうか


相手に自分の3倍、4倍を求めるのは釣り合ってない気がします


大体ですね結婚相談所もいいんですけど
どっちかというとこういうところ本来は
年収がお互い高いとか年配者向けじゃないのでしょうか


最近結婚相談所も色んな世代を取り込まなくては
飯が食えないから色んな施策はあるんでしょうけど。。。❔


アラフォークライシスで感じたのは
恋愛で結婚した方がいい
親と住もうが年収が低いのは問題なくて見通しがない


将来性が全く見えない感じですね
給料が安くて不満だったら対策を
3ヶ月置きに職場が変わって定住できないなら対策を


例えば
資格をとるにしても簿記3級にチャレンジしてもいいですけど
とったからといって生活急変しません給料が3倍にはなりません

関連でいうと税理士を目指す方が変化が大きいハズ



給料が安い不満があるなら会社が儲かっているのか
じゃないのか儲かっているなら誰がその利益を頂いいるのか考える


3ヶ月置きに職場が変わって大変なら定住できる仕事を考える
自分がオーナーになればいい


貯金もないので無理じゃなくて
アフィリエイトもあるし今まで仕事で培ってきた技術とか業界の
不純なところをネットでPRしてみるのも小資金でできる


仕事の技術なんていわなくても趣味でも可能性はあるハズ
家賃は親に依存、仕事は会社に依存、結婚は相手に依存


この考えじゃなかなか自分の現状改革はしんどいと言わざるを得ません


家賃はいいとしても今の現状不満なら先の見通し
今のリアルな計画を作ってみよう